ミニマリストらしくより、私らしい基準を大切にしたい

Minimalism

どうも、satoです。

私は割とTwitterのミニマリスト界隈に出没しています。

このブログもそうですが、少ない持ち物やコトの効率化などで、自分にとって快適な暮らしを実践し、その様子を発信しています。

私は2021年3月時点、自分の事を「ミニマリスト」と名乗っていないですし、これから名乗る予定もありません。

今回の記事は、タイトルが結論。以下の記事は内容の補足になります。

宜しければ、お付き合い頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

1.モノを多く持たない私。モノ選びの基準

自分が必要なモノとミニマリストインフルエンサーが必要なモノが

一緒な場合もあるし、違う場合もあります。

自分と全て同じな訳なんてないし、当然と言えば、当然のことですよね。

誰かが〇〇買ったからとか、誰かが〇〇捨てたからとか、

自分がモノ選びをする上で、大きな影響を持たないです。

・自分が必要なモノを買い、不要なモノは手放す。

・取り入れるモノは厳選し、お気に入りのモノを持つ。

それ以上でも、それ以下でもないし、

モノが少ないから偉いわけでもないなぁと思ってます。

(あ、でも、汚部屋は純粋に片付けたほうがいいと思う。探し物が減るし。)

ありきたりな言葉になってしまうけれど、
モノ選びで大切なのは、自分軸で選ぶこと。

誰かの意見は、参考程度にする位が丁度良いと思っています。

(私の意見も、参考程度でお願いしますww)

2.ミニマリストらしさ、って何だろう?

誰かを批判する意図は持ち合わせていないこと前提にお話ししたいのだけど。

(そこは誤解なきようお願いします)

最近の私は、ミニマリストらしく、って表現に違和感を覚えています。
(もしかしたらインフルエンサーのイメージの事を指しているかもしれませんね。)

それって、いわゆる

「男らしく、女らしく」
「母親らしく」…等のような

「らしく」という言葉の表現に、価値観の一方的な押し付けを感じてしまうことがあるからかもしれません。


私自身は、モノが少ない方が管理も楽だし快適だと気づいたから、少ないモノで生活しているのであって、

ミニマリストを名乗ることは目的にはしていないです。


世間一般が思い描く「ミニマリストらしく」は手放しても、

自分らしさは手放したくない。

自分を「ミニマリストらしく」の枠に縛りつけたくないし、

ただただ、自分の快適を追求していけたらいいなと思っています。

3.自分の感じる快適を発信する

繰り返しの話になりますが、

私物を減らして持ち物が少ない状態や、

自分にとっての快適生活を発信している私にとって、

ミニマリストはこうでなきゃ!的な発想は、もはや快適を阻害してると感じでいます。

これからも私は、自分自身が感じている快適な生活や、
自分が楽しめると思うことをやって楽しんでいる様子を発信したいですね。

以下は、過去のツイートです。持ち物を部屋に出して楽しんでました!

おうちキャンプは楽しかったです!

今回の記事は、ここまで。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、また。

↓インフルエンサーといえば、お馴染みのこの方。ミニマリズムの考え方を取り入れたい方にオススメ

Amazon.co.jp: 手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 eBook : ミニマリストしぶ: 本
Amazon.co.jp: 手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法 eBook : ミニマリストしぶ: 本


コメント

タイトルとURLをコピーしました