自分を犠牲にせずに、働く。

Work

どうもsatoです。

私は快適に暮らすために“ミニマリズム“と取り入れたり、“自分が快適だと思うコト“を追求してみたりしています。

その上で大切にしている考え方の一つに「自分を犠牲にしないこと」があります。

今回の記事は、前回の続きです。
前回の記事はこちら

自分を犠牲にしてきた数年前を俯瞰して思うことをお伝えしたいと思います。

最近の私の発信を知っている方からすれば意外な内容もあるかもしれませんが、今の自分の考え方に至る基礎になっています。

少し重めの内容になりますが、読み進めていただけるとありがたいです。

スポンサーリンク

1.状況を変えたくて私がやったこと

この状況から抜け出す方法、選択肢は2つ。

 ①逃げる
 ②ある程度までやり切る
 →業務を引き継げる状態に持っていく

私は後者の②を選んだ。

ひたすらに簡略化・効率化・標準化。
PDCAを繰り返し業務の難易度を下げる。

海外のスタッフに仕事を教える必要があったから
それも自分が一手に引き受けた。

そして人から嫌われた業務の負担を軽減し“嫌われない程度“にし、引き継げる状態に持っていった。

その結果、有難いことに仕事では部内や事業部に評価を頂ける機会ようになり
自信が持てるようになってきた。

但し会社からの強化と引き換えに自分の心身を犠牲にした。

この仕事を引き受けてから手放すまでに3年の時間を使った。

2.辛かったことを振り返ってみて

自分を犠牲にして進めてきた仕事を手放した後、私は自分が嫌だと思うコトを少しずつ手放していった。

ある意味で、自分を取り戻す作業。

自分を犠牲にした時期を俯瞰して見る事ができるようになったのは、ここ最近。

1.何が辛かったのか

仕事の重責もあったけれど、それよりも、極端に人に嫌われることが辛かったんだと思う。

生きていたら合う人合わない人がいて当然だし、人から嫌われたり孤独感を感じる事なんて珍しくない。耐性はある方だと思っていたけれど、心ない言葉って浴び続けると毒なのだと身をもって知った。

と同時に、もう自分を犠牲にしちゃいけないと思った。

昔は人からどう見られているか意識しずぎて、嫌われたくなくて色んな仕事を引き受けていた。

自分の心身を犠牲にしてまで引き受けるような仕事なんてないと、
3年間を費やしてようやく気づいた。

2.これからの働き方

自分を取り戻す作業の中で、1つの結論に辿り着いた。

“生活基盤を維持し、楽しく暮らすこと“

そのための仕事。

もちろん従業員として社業への貢献は当然。時にはスキルアップを求められることもあるだろうけれど、その辺りは状況に合わせて柔軟に取り組むつもり。

これからは決して自分を犠牲にはしない。
楽しく過ごす時間を最大化したい。

それが会社と私の双方にとって利益に繋がる働き方を模索していけたらいいな。

3.逃げるコトは、悪くない

渦中にいたときは「逃げることは悪い」と思ってた。
だけど今思えば、逃げることは選択肢の一つ。

ストレスから逃げ、距離を取って、
自分を立て直すことはとても大切なこと。

自分を犠牲にしてまで頑張らなくていいし
「逃げ」は「戦略的撤退」と捉えてみるのもアリ。

決して「負け」てないし
勝ち負けの世界で生きる必要もない。

と、過去の自分に伝えたい。

4.さいごに

今日の記事はここまでです。

ちょっと重めの内容になりましたが、読み進めて頂けたこと嬉しく思います。

もし現時点で当時の私と同じような思いを抱きながら、自分を犠牲にて頑張っている人がいたとしたら、「自分を大切にする選択」ができるように願っています。

「自分を大切にする選択」が何かわからない状態であれば、まずは十分に自分を甘やかし癒してあげてください。

微力ながら、この配信が何かの参考になれば幸いです。

今後も私なりの快適な暮らしについて発信していきますので

これからも読んでいただけると有難いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました