丁寧な暮らしとは違う、快適な暮らし

Life

どうも、satoです!

私は「丁寧な暮らし」をしている人に憧れがありました。
今も素敵だなって思っています。

私はモノが少ない生活を送る前に、「丁寧な暮らしっぽい事」を
色々試してみた事があります。

結果的には、上手くいかなかったです。

どうやら私には、効率主義があっていたようです。

今回の記事は、私が「丁寧な暮らしっぽい事」を試しては挫折した
その内容および気付きをお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

1.私が憧れた、丁寧な暮らし

1.整理整頓されたキレイな収納

よく主婦雑誌等に掲載されている類の

 ・キレイな壁面収納
 ・100円均一を活用してオシャレな収納
 ・ごちゃついて見えない“見せる収納

この辺りに憧れ持ってました。

雑誌に掲載されているものを参考に
自分の生活に取り入れてみました。

キレイな壁面収納を構築する以前に

結局、管理の時間が確保できず上手くいかなかったんですけどね(汗)

2.ガーデニング

ベランダでオシャレな植物を沢山育てて、雑貨なんて飾っちゃったりして、
良い感じの空間を作りたい!って思ってました。

ホームセンターで花の苗を買ってきて育てたり。


家庭菜園にも手を出しました。

バジルとかミント育てて食べる直前で摘み取る
なーんてこともしたいと思ってました…が、

…ハイ。結局、枯らしてしまいました(汗)

3.自家製の漬け物を作る

新婚当初、自家製漬け物に興味を持ったのがきっかけ。

自家製ぬか漬けを作っている義母からぬか床をプレゼントしてもらい

一時期は楽しく漬けていました。

ただ残念な事に漬け物どうやら私の中で一過性のブームだったようで、

ブームが去れば、ぬか床の管理は、ただただ面倒なだけでした。

(お義母さん、本当にゴメンなさい!)

ぬか漬けセット一式はオブジェと化し、程なく手放すことになりました。

2.上手くいかなかった理由

これらの事が上手くいかなかった理由は、自分のライフスタイルにあっていなかった事が一番の要因だと思っています。

私は22歳で結婚、専業主婦期間ほぼなし、25歳で出産、半年後フルタイム仕事復帰。

キレイな収納システムを構築したり、
ベランダに植物を沢山育てたり、
自家製漬け物を家族に振る舞う余裕なんて、

全っ然、持てなかったです。

当時の事を振り返ると、憧れだけが先行していたのかもしれないですね。

育児と仕事に追われいつからか

面倒な家事から解放されたい。
自分の時間を確保したい。

という思いが強くなっていきました。

(そしてこの頃は汚部屋絶頂期でした)

3.効率主義への目覚め

家事育児に追われていた頃、家庭と育児を両立させるために、

「仕事をいかに早く片付けるか」をめっちゃ真剣に考えていました。

また保育園からいつ呼び出しの電話がきても対処できるように、自分が抜けた時も仕事の穴を開けない為の工夫をしていました。

あれこれ試行錯誤しながらも職場の業務改善を進めていたら、業務効率化されてきたので、その考え方の一部を家庭に持ち込む事にしました。

4.自分にとっての快適な暮らしの追求

面倒な家事から解放されるために、よく自問自答してました。

・やらなくても良い事に手を出していないか
・自分のキャパでできる事なのか
・他にいい方法はないか

自問自答を繰り返し、家事の簡略化を少しずつ進めていきました。

その結果、

自分に合わない事はしなくなり
一人で無理して頑張ることもなくなり
できる範囲でほどほどに頑張る形に落ち着きました。

効率化を図っていくにつれ
少しずつ気持ちに余裕が生まれてきて

丁寧な暮らしではないけれど、
自分にとって快適な生活に近づいてきた気がします。

5.さいごに

自分にとっての快適生活は、現状維持というよりは
時と共に形を変えていくのだと思っています。

その時の自分や一緒に暮らす家族にとっての
快適な暮らしを続けていければと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また。

育休復帰もへっちゃら!仕事と家事の両立が叶う 幸せなワーママになる本: 時短家事と時短料理のコツがわかる | すぐ楽キッチン時短アドバイザー 佐藤智実 | 家事・生活の知識 | Kindleストア | Amazon
Amazonですぐ楽キッチン時短アドバイザー 佐藤智実の育休復帰もへっちゃら!仕事と家事の両立が叶う 幸せなワーママになる本: 時短家事と時短料理のコツがわかる。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけ...

タイトルとURLをコピーしました