わたしの仕事観・2021年冬

Work

どうもsatoです。
この記事のタイトルは、真面目な感じになっちゃってますね。

ライフスタイル・ミニマルライフのカテゴリで書く内容ではないかもしれないけれど、仕事は自分を支える生活基盤だと、私は思ってます。

だからあえて、ここに記します。

私は一応社会人を20年ほどやってきました。今の会社に入って10年以上は経っています。その中で良かったコトも良くないないコトも、一通りは経験したかなぁと思っています。
仕事観は、年齢や生活環境、立場が変われば考え方に変化が出てきます。だからこそ、今の自分の考えを言葉にしておきたいからブログにしました。

良かったら最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

仕事は自分を支える生活基盤

仕事がなくて生きていくお金に困る状態になってしまったらと考えてみる。

贅沢ばかりしたいわけじゃないけれど、最低限のやりたいことができないのは嫌。
最も家族と過ごす時間を楽しく過ごしたい。

だからこそ、お金で解決できる負担があるとするならお金で解決。

家族と暮らす生活基盤を守っておきたいと考えます。

生活基盤を整えてから夢を持つ

よく「月100万、簡単に稼げました〜!」「やりたくないコトをやらず、やりたいコトをやろう」「FIREして夢を叶えよう」みたいな話があったりするじゃないですか。

生活基盤があればいいですが、稀に生活基盤を捨ててまで夢を探しておられる方をSNSでたま見かけます。

言葉がキツかったら申し訳ないけれど、
働きながらでも夢を見つけることはできますよね?(と言いたい)

現にそれなりの収入や立場がある方は、
才能に恵まれていたり、努力の積み重ねで、現在の立ち位置におられるのだと感じます。

例えるなら、基礎がしっかり固まっていないところに家を建てても、壊れる心配が出てきますよね。
だからこそ、まずは基盤を整えてから。

自分の生活は自分で守る術を身につけておくべきと考えています。

今の自分にできることから、コツコツと。

大変そうに感じるかもだけど、何かを成し遂げたいのであれば、コツコツ積み上げるのが最短ルートだと思ってます。

あと思うのは、自分が望む生活は何者かにならなければ手に入らないのかどうか。

案外幸せは、すぐ側にあるのかもしれないです。

自分が気づけていないだけで。

自分ひとりの力を過信しない

周りの人に支えられ今の自分がいる

結婚・出産してから育児と家事と仕事を両立。
これがやって来れたのは決して自分ひとりの力ではないということ。

フルタイムで働いて、残業も多く、業務過多だった時もあります。

家族が自分の働き方を認めてくれ、子供が健康に育ってくれているから働ける。
周りに支えられてきたから、今の自分がいます。

若い頃一生懸命働いて、仕事ができると思い上がってた時期もあるけれど。

過去を振り返って感じるのは、周りの人が自分の在り方を認めてくれたからこそ成立したことも多いなぁと感じます。

今の自分にできることを、やる

よく自分の発信で「今の自分にできることをする」という表現をすることがあります。

大きな目標を持った時も、タスクを細分化。小さなことをコツコツと積み上げていくイメージで。
積み上げていく途中で自分がやってきたことを振り返り、方向性がズレていないか確認します。いわゆるPDCAを回していく感じですね。

あと、過去の自分に対して良くしてくれた人から受けた恩を次の世代に返していくことも「今の自分にできること」に含まれると思っています。

思い通りにならない事から、課題を見つける

自分が思った通りに物事が進まない時は、誰しもあると思います。
時にはネガティブな言葉をシャワーのように浴び続ける時も、あるかもしれないですね。

私自身も経験はしていますし、そんな時、思わず愚痴りたくなっちゃいます。
人間ですからね。

だけどネガティブな言葉を感情だけで受け止めるのを辞めただけで、精神的に楽になった気がします。

ネガティブな言葉を、感情で受け止めない方法

✔️頭の中で、情報を整理
✔️不快な言葉はポジティブに変換
✔️人格否定を含む、ポジティブ変換できない言葉は受け取らない
✔️課題を見つけ、解決策を考える

自分の心をクリーンに保つために、私は上記の対応をしています。
必要な言葉だけ抜き取り、自分の中に取り込んでおく。そんなイメージです。

愚痴をポジティブに変換する

あくまで私個人の見解ですが、大概の愚痴が生産性を欠くと思うし、言ったことを後悔することも多いです。

だったら最初から愚痴を言わないに限るかなぁと。

もしどうしても言いたくなったら、それと同じ位ポジティブな話をセットにして聞き手の負担を減らしたいかなぁ。

自分のキャパを理解し、成果を出すポイントを見極める

昔は自己成長のためにキャパオーバーの仕事を引き受け、やり切ることに達成感を覚えていた時期もありましたが、最近はキャパをみながら仕事量の調整をしています。

全てにおいて完璧で優秀な人間だったらいいかもしれない。だけど経験上自分は優秀な人材ではないと自覚。何に集中すれば大きな成果が残せるのか考え、そのポジションは獲りにいくようにしています。

あと作業量をこなした後は、いかに生産性をあげるか考え行動に移すようにもしています。
自発的に動いていくと、やらされ仕事がクリエイティブになるからおすすめです。

仕事以外の時間も大切に

これだけ仕事のことを語っているし、もっと色んな切り口で語れるかもしれない。
結局私は、仕事が好きなんですよね。

だけど。

仕事は好きだけど、仕事だけが自分の人生じゃない。

仕事以外の時間も充実させた方が、結果的にいい仕事ができると思っています。
よく遊ぶし、よく休むことも仕事の1つです!笑

まとめ

これが今の私の、リアルな仕事観です。
ここから数年経てば考え方も変わっていくと思うし、それが自然な流れだと思っています。

だからこそ、今この瞬間を大切に生活をしていきます。

今回の記事はここまで。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました